サミットインターナショナルも納得!勧誘された場合の上手な断り方とは

友達を勧誘したら嫌われる?もうそんな心配はりません!その方法は!

あなたは、次のような悩みを抱えていませんか?

  • サミットインターナショナルのしつこい勧誘にあって困っている。上手な断り方を知りたい。
  • サミットインターナショナルの紹介者に会うたびにセミナーやビジネスに誘われて疲れてしまった。
  • 人間関係にヒビが入らないような断り方をするにはどうすればよいのか教えてほしい。

実は、これら勧誘の「断り方」の悩みは、サミットインターナショナルに限らず、ネットワークビジネスの多くの関係者の悩みでもあります。

というわけで、今回は、あなたが、こうした悩みを持った場合の一助となるように、サミットインターナショナル勧誘の上手な断り方について、述べてみたいと思います。

【登録はこちら】無料講座:引き寄せオンラインリクルート法

サミットインターナショナル勧誘の下手な断り方

まず下手な勧誘断り方です。

相手の気持ちを無視して一方的に断ってしまうと、相手との人間関係が壊れやすくなります。例えば、

「できません!」
「無理です!」
「やりたくありません!」

相手には、やむを得ない理由や事情があって、あなたを誘っていることもあるでしょう。それを「できません!」とだけ言われると、相手は自分を拒否されたように感じてしまいます。これでは相手の気分を害しますよね。

友達を誘わなくても、ダウンが自動で増えていくオンラインリクルート法

サミットインターナショナル勧誘の上手な断り方

これに対して、勧誘断り方がうまい人は、感謝できる部分を一緒に伝えます。

ただ単に断るのではなく、まずは「ありがとう」「誘ってくれるんだ!」と前向きに伝えてから、うまく断っていきます。

そして、相手が諦めざるを得ない理由を言って、最後に相手に対する気づかいを示すのです。

上手な勧誘断り方の基本の公式は以下の様になります。

【感謝】+【No】+【理由】+【気遣い】

では各々の項目を簡単に説明します。

【上手な勧誘の断り方:感謝】

上手な勧誘断り方で、断る前に感謝の言葉を入れる具体例としては、

  • ありがとうございます。○○さんが大変なのはわかるので、お手伝いしたいのは山々なのですが…
  • ありがとうございます。ただ・・・○○さんのお役に立ちたい気持ちはあるのですが…

このように、感謝できる部分を伝え、その上で、意思を伝えることがポイントです。

【上手な勧誘の断り方:理由】

断った後に、相手が諦めざるを得ない理由を言います。一般的には、人の誘いや依頼を断る理由としては大体次の4つが定番です。

①スケジュールの問題
②仕事や勉強の問題
③健康上の問題
④家族の問題

これらのいずれかの問題のために断らざるを得ませんというのが理由としては良いでしょう。特に、次のような理由は最も効果的です。

実は親戚のおじさんがそれをやっていてね。やるならそっちでやらないとまずいんだ

この理由だったら、勧誘者もあきらめざるを得ないですよね。

【上手な勧誘の断り方:気遣い】

人からの誘いを断るにはきちんとした気遣いも必要です。「誘ってくれてありがとう」など、ちょっとした一言を添えるだけでだいぶ印象も和らぎます。

まとめ

いかがですか?

ポイントは、ただ単に断るのではなく、感謝できる部分を一緒に伝えること、そして、相手が諦めざるを得ない理由を言った後に、相手に対する気づかいを示すことです。

要するに、人間なら誰でも持っている「自分は重要な人間である」と思いたい渇望を満たしてやりながら、勧誘や依頼を断ればよいということです。

そうすれば、断られても、相手は傷つかないでしょうし、人間関係が壊れることもないでしょう。

【登録はこちら】無料講座:引き寄せオンラインリクルート法

あなたは集客に困っていませんか?

あなたは友人を勧誘するとき、人間関係が壊れはしないかと心配ではないですか?ネットワークビジネスの評判が悪い中で、「人からどう思われているか」気になりますよね!もし嫌われるのが怖くて友人を誘わなければ、声をかける人はいなくなってしまうのでは?

こうした集客の問題に悩むあなたに朗報です!友人を誘う必要はありません!人脈は無限で、相手の方から「詳しい話を聞かせて欲しい」と頼んでくるような、新しい集客方法が編み出されました。しかも、空いた時間に在宅で仕事ができるとしたら、あなたは興味ありますか?

友達を誘わなくても、ダウンが自動で増えていくオンラインリクルート法