老後の不安を解消する権利収入とは

友達から嫌われるのが怖くて、なかなか声をかけられない主婦の方へ!

あなたは老後の不安はありませんか?

定年退職で引退した後は、生活はやっていけますか?

退職金や年金だけで、老後の生活は足りますか?

病気などで働けない状態になったらどうしますか?

こうした老後に対する不安は、あなただけでなく多くの人が持っている不安ではないでしょうか。

今回は、こうした老後の経済的不安を解消できる解決策をご紹介します。

ただ、成果を出して、経済的不安を解消できるようになるのは、簡単なことではなく、あなたの不断の努力が必要となります。それを覚悟しておいてくださいね!

【登録はこちら】無料講座:引き寄せオンラインリクルート法

収入源に権利収入を加えて経済的安定を確保

将来の経済的不安を抱えている人が多いワケ

なぜ多くの人は、将来の不安を抱えているのでしょうか?

不安にも健康上の不安とかいろいろな不安がありますが、経済的不安に限っていえば、労働収入に依存した生活を送っていること、が主な原因です。

アメリカの富裕層は10ぐらいの収入源を持っていると言われています。会社経営、飲食店のオーナー、株取引、不動産の保有等、色々な収入源を持っています。

それに比べて、日本人の多くは、従事している農林漁業や、働いている民間企業や公的機関からの収入や給料の一つの収入源だけで生活しています。それも、労働収入なのです。

労働収入のメリットとデメリット

労働収入のメリットは、すぐに働いた分のお金が手に入ることです。

しかし、自分が引退した後や病気などで働けない状態になれば、収入が途絶えてしまいます。会社員ならば会社を退職した後は、退職金と年金に頼る生活になります。

これが、多くの人が将来に不安を持っている主な原因です。

従って、将来に不安を解消するためには、収入源を増やすことと、できれば労働収入ではない権利収入を得ること、を考えた方が良いでしょう。

権利収入を収入源の一つに新たに加えるのです。

権利収入のメリットとデメリット

権利収入とは、自分が働かなくともお金を稼げる仕組みから得られる収入のことを指します

不動産の賃貸料、作家や作詞家、作曲家、発明家がその作品の印税を受け取るようなタイプの収入形態です。

権利収入のメリットは、自分が働けなくなっても収入が入り続けることです

デメリットは、発明や著作物で権利収入を得るためには特別な才能を必要とし、また不動産や有価証券で権利収入を得るためにはまとまった資産が必要です。

まとめ

このように、権利収入を得るメリットはとてつもなく大きいですよね!

十分な権利収入を得ることができれば、あなたの経済的不安は解消するでしょう

それだけでなく、あなたは好きな時に好きなことができる時間的自由も手に入れることができるのです

しかし、こうした権利収入を得ることは、普通の人には縁がなく夢物語のように思えますよね!

ただ、一つ方法があります。ネットワークビジネスです。

誰でも始めることができます。

あなたが、将来、経済的自由と時間的自由を得ることができるかもしれない可能性を秘めた方法です。

【登録はこちら】無料講座:引き寄せオンラインリクルート法

あなたは集客に困っていませんか?

あなたは友人を勧誘するとき、人間関係が壊れはしないかと心配ではないですか?ネットワークビジネスの評判が悪い中で、「人からどう思われているか」気になりますよね!もし嫌われるのが怖くて友人を誘わなければ、声をかける人はいなくなってしまうのでは?

こうした集客の問題に悩むあなたに朗報です!友人を誘う必要はありません!人脈は無限で、相手の方から「詳しい話を聞かせて欲しい」と頼んでくるような、新しい集客方法が編み出されました。しかも、空いた時間に在宅で仕事ができるとしたら、あなたは興味ありますか?

友達を誘わなくても、ダウンが自動で増えていくオンラインリクルート法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする