ネットワークビジネス:これだけは知っておきたい違法な勧誘と対応策

友達から嫌われるのが怖くて、なかなか声をかけられない主婦の方へ!!

ネットワークビジネスでは、会員が知らない間に違法な行為をしてしまう場合が多々あります。ここでは、多くの会員が意識していない違法勧誘行為の例を挙げた後、違法勧誘が行われる原因を指摘して、違法勧誘行為を失くすための対策を検討しています。

【登録はこちら】無料講座:引き寄せオンラインリクルート法

ネットワークビジネス:違法行為の例

あなたは、勧誘の際に、以下のようなことをしたことはありませんか?

  • 『誰でも』『簡単に』儲けられるとアピールしたこと。これは、不実の告知や誇大広告にあたり、れっきとした違法行為です。
  • 2人で会うにせよパーティーに誘うにせよ、ネットワークビジネス勧誘だと告げずに誘ったこと。これはブラインド勧誘と言い、れっきとした違法行為です。
  • 夢や不労所得といった都合のいいことしか言わず、仕入れのコストや売れなかった場合どうなるのかといったリスクについては触れなかったこと。これは事実の不告知にあたり、意図的にした場合、違法となります。

以上のように、ネットワークビジネスの会員は、意識するしないに関わらず、勧誘の際に違法行為をしてしまっている場合があるのです。

友達を誘わなくても、ダウンが自動で増えていくオンラインリクルート法

ネットワークビジネス:違法行為の原因

こうした違法行為は、ネットワークビジネスでよく見かけられることではないでしょうか?これには3つの原因が考えられます。

第一に、ネットワークビジネス勧誘者は、法律の知識に関する訓練をほとんど受けていません。他方、ブラック企業は別として、普通の企業に雇われている営業マンの場合、問題のある勧誘方法をすると企業が困るため、研修を受けることが義務付けられています。この点で、ネットワークビジネス業界はあまいと言わざるをえません。

第二に、ネットワークビジネスでは、人を勧誘しないと儲けられない仕組みになっています。会員は自分の傘下組織を大きくしないと、収入は増えないのです。このため、一人でも早く、多く勧誘しようと焦って、ついつい違法行為をしてしまうのです。このように、会員を取り巻く組織環境も影響しています。

第三に、多くの人はネットワークビジネスへの偏見があり、ねずみ講と混同しています。そのため、自分の所属先や勧誘の目的、ビジネスの実態を明らかにすれば、相手から拒絶されるだろうという考えや思い込みを持ちやすく、それが違法行為と結びつくこともあるでしょう。

こうした要因のために、あなたが勧誘する際には、程度の差こそあれ、違法行為をする可能性がでてきます。

そして、その結果は、多くの人のネットワークビジネスへの不信感をますます強めていくという悪循環に陥っているのです。

まとめ:違法行為への対策

では、どうすればこのような違法行為を減らすことができるのでしょうか?

私見を簡単に述べます。

一つ目は、会員に対する研修です。ネットワークビジネスの会員に対して、どのような行為が違法になるのかを徹底的に教育する必要があります。

2つ目は、ネットワークビジネス会社による監視体制の強化です。ネットワークビジネスの評判は、違法行為を行う一部のディストリビューターによって大きく損なわれていることを認識し、彼らの行動を監視する体制を強化する必要があります。

3つ目は、違法行為をしなくても新規会員を勧誘できるマーケティング戦略の開発です。これまでの勧誘のやり方を180度変えるアプローチで、段違いの成果が得られる方法の開発です。これなくしては何も変わらないでしょう。

そして最後に、上記の勧誘の問題が全く発生しない勧誘方法の採用です。

インターネットによる勧誘であれば、違法行為をしなくてもダウンが獲得できるだけでなく、人からどう思われているかの不安、友達を失うかもしれないという心配、それに人から拒絶されるという恐怖から解放されるのです。

【登録はこちら】無料講座:引き寄せオンラインリクルート法

あなたは集客に困っていませんか?

あなたは友人を勧誘するとき、人間関係が壊れはしないかと心配ではないですか?ネットワークビジネスの評判が悪い中で、「人からどう思われているか」気になりますよね!もし嫌われるのが怖くて友人を誘わなければ、声をかける人はいなくなってしまうのでは?

こうした集客の問題に悩むあなたに朗報です!友人を誘う必要はありません!人脈は無限で、相手の方から「詳しい話を聞かせて欲しい」と頼んでくるような、新しい集客方法が編み出されました。しかも、空いた時間に在宅で仕事ができるとしたら、あなたは興味ありますか?

友達を誘わなくても、ダウンが自動で増えていくオンラインリクルート法