ネットワークビジネス:しつこい勧誘をした人の末路

友達から嫌われるのが怖くて、なかなか声をかけられない主婦の方へ!!

敬遠されるしつこい勧誘

ネットワークビジネスの評判は悪く、敬遠している人は多いですよね。

そして、敬遠される理由の1つは、「しつこい勧誘」です。

この「しつこい勧誘」の例として、ある掲示板に、職場の先輩から会うたびに次のような言葉で勧誘されて、困っている女性の投稿があります。

  • 必ず儲かる。
  • 市販では絶対に手に入らないサプリだから、これを飲めば市販品がいかにダメかがわかる。自分が飲まなくても、周りで困っている人に紹介してあげればいいだけ。
  • ネットワークビジネスに偏見があるのは今の日本では仕方がないが、セミナーに来てくれればそれが嘘・偽りだとわかるはず。
  • もし私が騙されていると感じるなら、実際にセミナーに参加してみればいい。セミナーに参加せずにあれこれ文句をつけるのはおかしい。

これじゃ、嫌われますよね!

こうした「しつこい勧誘」に悩んでいる人は多いようです。

まさに「しつこい」「うざい」「困る」「めんどくさい」ですね。

では、どうしてネットワークビジネスの人たちは、このような「しつこい勧誘」を繰り返すのでしょうか?

【登録はこちら】無料講座:引き寄せオンラインリクルート法

「しつこい勧誘」のワケ

ネットワークビジネスの人たちが、「しつこい勧誘」を繰り返す主な理由の一つは、彼らのよって立つ勧誘方法の前提に問題があります。

この勧誘方法では、「世界中の人が見込み客」だとみます。そして、「皆(見込み客)はまだこの製品のすばらしさを知らないだけで、知ったら必ず買う」と考えます。だから、「しつこく」なってくるです。

しかし、世の中には、勧誘者の会社の製品やネットワークビジネスに全く興味のない人が大勢いるというのが事実です。問題はここから起きます。

結論:「しつこい勧誘」の結末

「しつこい勧誘」を行う人は、次のような勧誘方法を使います。

  • 知っている人全員の名前をかき集めて、少なくとも100人をリストアップする。
  • リストアップした人に1人ひとり連絡をとって、商品を売るか、ビジネスのシステムを説明する。

こうして、リストアップした人に片っ端からアプローチしていきますが、断る人に会っても、「この製品やビジネスチャンスのすばらしさを知ったら、必ず考えが変わる」と確信しているため、「しつこい勧誘」を繰り返します。

しかし、この方法に従った人の9割が失敗に終わっています。

なぜでしょうか?

ロバートアレンによれば、それは、平均的な100人のグループの中から、真の顧客を見つけ出せる確率が非常に低いからです。

あなたの紹介する商品やビジネスチャンスを求めている人は、おそらく1~2%に過ぎないでしょう。運が良くて、せいぜい5%です。

世界一のセールスマンでさえ、95人から拒否されることになるのです

経験のない初心者が、このリストにアプローチをしたらどういうことになるでしょう。ことごとく断られたあげく、やめてしまうことになるでしょう。

それだけでなく、しつこくすればするほど、人間関係は壊れてくるはずです。

掲示板の二人に、今後何が起きるのか、予測できますよね!

【登録はこちら】無料講座:引き寄せオンラインリクルート法

あなたは集客に困っていませんか?

あなたは友人を勧誘するとき、人間関係が壊れはしないかと心配ではないですか?ネットワークビジネスの評判が悪い中で、「人からどう思われているか」気になりますよね!もし嫌われるのが怖くて友人を誘わなければ、声をかける人はいなくなってしまうのでは?

こうした集客の問題に悩むあなたに朗報です!友人を誘う必要はありません!人脈は無限で、相手の方から「詳しい話を聞かせて欲しい」と頼んでくるような、新しい集客方法が編み出されました。しかも、空いた時間に在宅で仕事ができるとしたら、あなたは興味ありますか?

友達を勧誘したら嫌われる?もうそんな心配はいりません!その方法とは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする