ペンギンモバイルの失敗要因としての勧誘問題とその対処法

友達から嫌われるのが怖くて、なかなか声をかけられない主婦の方へ!

ペンギンモバイルのようなネットワークビジネスは権利収入を得ることができるビジネスモデルの一つです。

成功すれば時間や場所にとらわれずに自由に好きなことをして生きていくことができるようになります。

しかし、ペンギンモバイルのようなネットワークビジネスにはビジネスを進める上で様々な問題があり、成功する人よりも失敗する人の方が多いのも事実です。

権利収入を得ることができる成功者となれる人たちは極めて限られているのです。

では、成功と失敗を分ける要因は何でしょうか?

ここでは、ペンギンモバイルの失敗要因、なかでも勧誘の問題に焦点を当てて、問題の解決策を探ることにします。

【登録はこちら】無料講座:引き寄せオンラインリクルート法

ペンギンモバイルの失敗要因としての勧誘問題

ネットワークビジネスの評判の悪さ

失敗要因としての勧誘の第一の問題は、ペンギンモバイルのようなネットワークビジネスの評判の悪さです。

多くの人はペンギンモバイルのようなネットワークビジネスに対する偏見があり、ねずみ講と混同しています。

従って、会員は、ペンギンモバイルのネガティブなイメージを持った人たちを、ペンギンモバイル勧誘しなければなりません。

こうした状況の中で、ペンギンモバイルであることを隠して勧誘する人が多く、そのためにますます信用されなくなって勧誘に失敗するいう悪循環に陥いることになります。

会員を取り巻く環境

第二の失敗の要因は、会員を取り巻く環境です。

ペンギンモバイルでは自分のグループを大きくしなければ儲けられないような仕組みになっています。

そのことから勧誘へのプレッシャーは非常に強く、会員は絶えず新規会員を増やすことに力を注ぐようになります。

結果として、相手のニーズを無視した自分中心的な勧誘になりやすく、押し売りやお願い営業になり相手に嫌われることになります。

これでは自分の組織を大きくすることは出来ません。

ターゲットの選定

第三の失敗の要因は、勧誘のターゲットの選定です。

多くの会員が勧誘する対象は親兄弟親戚の身近な関係の人たち、それに友人知人です。

とにかく知り合いをリストアップして手当たり次第にペンギンモバイルを伝えていくというやり方で勧誘します。

このため、ペンギンモバイルの評判の悪さや押し売り営業の問題とも相まって、友人を失くし、人間関係が壊れ、勧誘する人脈が枯渇するといった問題が発生することになります。

こうした要因のために、多くの人たちは勧誘に失敗して、ペンギンモバイルから去っていくことになるのです。

では、どうすればこのような問題を解消して、ペンギンモバイルの失敗を回避することができるのでしょうか?

そのためには、これまでのネットワークビジネスの勧誘のやり方を180度変える必要があります。

発想の転換です!

友達を勧誘したら嫌われる?もうそんな心配はいりません!その方法はこちら!

ペンギンモバイルの失敗を回避する発想の転換

自分中心から相手中心へ

まず、自分の利益を第一に考える自分中心の勧誘の仕方から、相手のニーズを中心に置いたやり方に変えなければなりません。

自分自身の勝手な都合で、友人知人に対して手当たり次第にアプローチする代わりに相手のニーズに応えようとするやり方を採用するのです。

例えば、相手が何かで悩んでいるか、問題を抱えているのがわかれば、その悩みや問題の解決策としてのペンギンモバイルや製品を教えてあげるのです。

このようなアプローチをとる限り、相手から嫌われることはないでしょうし、逆に感謝されるはずです。

友人知人中心から知らない人中心へ

もう一つ、発想の転換は勧誘のターゲットの選び方にも必要です。

今までの親兄弟親戚や友人知人から、知らない人たちに重点を移すのです。そうすれば、人脈は無限に広まります。

では、知らない人たちを相手にどのようにして勧誘するのでしょうか?

ペンギンモバイルのようなネットワークビジネスの成功者の話では、彼らのグループメンバーのほとんどは、ネットワークビジネスを始めた後に知り合った人たちだということです。

人によっては毎日知らない人のなかから、ひとりに声をかけることをノルマにしています。

そして、勧誘をしないで、まず知り合いになって、信頼関係を築くことから始めています。

まとめ

ペンギンモバイルのようなネットワークビジネスにはビジネスを進める上で様々な問題があり、成功するためにはそれらの問題を克服していく必要があります。

ペンギンモバイルの失敗要因、なかでも勧誘の問題に関しては、ネットワークビジネスの評判の悪さ、会員を取り巻く環境、それに勧誘のターゲットの選定が大きく影響しています。

こうしたネットワークビジネスの勧誘にかかる問題は、これまでのやり方を続ける限り克服することには限界があり、発想の180度の転換が求められています。

今後のネットワークビジネスの勧誘にとって必要なことは、自分中心から相手中心の勧誘アプローチと、知り合いでないコールドマーケットを中心としたターゲットの選定だと思われます。

この点で、インターネットを使って集客する方法は、今後のネットワークビジネスのあり方と合致したアプローチだと思われます。

【登録はこちら】無料講座:引き寄せオンラインリクルート法

あなたは集客に困っていませんか?

あなたは友人を勧誘するとき、人間関係が壊れはしないかと心配ではないですか?ネットワークビジネスの評判が悪い中で、「人からどう思われているか」気になりますよね!もし嫌われるのが怖くて友人を誘わなければ、声をかける人はいなくなってしまうのでは?

こうした集客の問題に悩むあなたに朗報です!友人を誘う必要はありません!人脈は無限で、相手の方から「詳しい話を聞かせて欲しい」と頼んでくるような、新しい集客方法が編み出されました。しかも、空いた時間に在宅で仕事ができるとしたら、あなたは興味ありますか?

友達を勧誘したら嫌われる?もうそんな心配はいりません!その方法はこちら!