シャンデールってねずみ講でしょ?両者の違いと誤解への対策

友達を勧誘したら嫌われる?もうそんな心配はりません!その方法は!

あなたは、シャンデールの勧誘をしている時に、「それってねずみ講でしょ?」と言われたことはありませんか?

この問いかけに明確に答えることができる人は少ないのではないでしょうか。

今回はシャンデールのようなネットワークビジネスとよく混同されるねずみ講について論じます。まず、両者の定義、相違点と類似点を整理したうえで、今後もシャンデールに対する偏見はなくなりそうもないことを指摘します。そして、シャンデールのようなネットワークビジネスが従来のアプローチを採用する限り、関係者による世間の偏見との闘いは続くことを論じ、問題解決のための新しいアプローチの可能性を指摘します。

【登録はこちら】無料講座:引き寄せオンラインリクルート法

マルチ商法としてのシャンデール

シャンデールのようなネットワークビジネスでは、口コミによって商品を流通していくビジネスを行います。

すなわち、シャンデールでは、あなたが友だちに商品を伝え、その友だちが商品を友だちに伝え、その友だちがまた友だちに伝えていきます。

こうして人と人との「輪=ネットワーク」をつくり上げ、それを拡大させながら、それぞれが直接購入して商品を広く流通させていくのです。

他方、商品を広めるキッカケをつくってくれた人々に対して、流通費や広告費に相当する費用の一部を報酬として支払いながら、安い価格を維持していきます。

これがシャンデールの流通システムです。

こうしたビジネスは、特定商取引についての法律では「連鎖販売取引」にあたり、合法的な販売手法です。「マルチ商法」とも呼ばれています。

よく混同される違法な「ねずみ講」との決定的な違いは、「価値のある商品が存在するのか、しないのか」という点です。

ねずみ講とは

ねずみ講の場合は、もとから商品がないか、あったとしても、いかさま商品や価値のない高額商品が扱われます。

ねずみ講は、本来、商品を扱いません。ただ、商品を扱っても、無価値な商品を高額で取引するビジネスを「マルチまがい商法」と呼んで、ねずみ講の一種と見なしています。1,000円の布団を400,000円で販売するといった場合です。

ねずみ講では、報酬は、商品の流通により生まれた販売収益の中から支払われるのではなく、組織に人を勧誘することにより、その人たちが支払ったお金が使われます。

従って、最初のころは一見儲かるビジネスのように見えますが、やがて必ず破綻します。人を勧誘し続けることができなくなるからです。その結果、高額な会費あるいは購入費を支払っても報酬を受け取れない、多くの犠牲者がでてしまいます。

友達を誘わなくても、ダウンが自動で増えていくオンラインリクルート法

シャンデールとねずみ講の相違点と類似点

以上のように、シャンデールのようなネットワークビジネスとねずみ講は、価値ある商品の有無、収入源、合法か違法かに関して全く違います。

相違点

ネットワークビジネス ねずみ講
価値ある商品の有無
収入源 商品流通 金品配当
合法か違法か 合法 違法

しかし、両者にはよく似た面もあります。組織拡大の形態、流通手段、勧誘方法です。

シャンデールねずみ講は、組織の広がり方が似ています。

例えば、両者とも、会員1人あたり必ず4人勧誘したとすれば、子会員は4人、孫会員は16人、ひ孫会員は64人と組織がねずみ算的に拡大していきます。

シャンデールに対して、多くの人が「それって、ねずみ講でしょ!」と言うときは、ねずみ講に似ているこのような組織拡大の仕方がイメージされているようです。

また、シャンデールのようなネットワークビジネスの会員が使っている勧誘の仕方も、ねずみ講のそれとよく似ています。

両者とも勧誘する際には、多くの場合、表のような違法な勧誘方法が用いられる傾向があるようです。

類似点

ネットワークビジネス & ねずみ講
組織拡大 ねずみ算的に拡大
流通手段 口コミ
勧誘方法

(傾向)

  • 勧誘目的だと伝えないままアポを取る
  • 絶対儲かるなどの誇大表現を使う
  • 強引な勧誘をしている
  • 一度断ったのにまたしつこく勧誘してくる

結論:ネットワークビジネスの評判はなぜ悪いのか?

では、上に記した相違点を武器にして、シャンデールのようなネットワークビジネスの悪い評判をなくすことはできるのでしょうか?

とてもできそうにありません。

理由は2つあります。

一つ目は、シャンデールに限らずネットワークビジネス全般に対する多くの人の偏見は、どんなに客観的な事実を突き付けても無くなりそうにありません。「それって、ねずみ講でしょう?!」という言葉が必ずかえってくるだけです。

2つ目の理由は、シャンデールのようなネットワークビジネスに携わっている一部の人たちの行動です。勧誘に際して身元や目的を明かさない、誰でも儲けることができるといった事実と異なる勧誘文句で誘う、ビジネスをやる時のリスクや経費といった不利なことを説明しない、などの勧誘方法がよく見られます。こうした違法な手段を使って新規会員を獲得しようとする人たちがいることが、シャンデールのようなネットワークビジネスの評判の悪さを強めていることは間違いないでしょう。

では、こうした評判の悪いシャンデールのようなネットワークビジネスの中で、気持ちよくビジネスを展開するにはどうすればよいのでしょうか。

そのためには、今までの勧誘のやり方を根本的に変える必要があるようです。

嫌がる相手を追い掛け回すのではなく、ビジネスに興味のある人が手を挙げて話を聞かせてほしいと頼んでくるような仕組みをつくるのです。

例えば、あなたがまず技術と自信と人格を備えた魅力のあるリーダータイプのネットワーカーになるように自分を磨いて、多くの人を引き付ける方法があります。(このアプローチの詳細は、「シャンデールで友達を失くさない勧誘の画期的な方法とは」を参照してください)

また、事情が許せばの話ですが、インターネットを使って集客すれば、上記のような勧誘の問題は発生しません。インターネットの活用が、一つの解決策となるようです。

【登録はこちら】無料講座:引き寄せオンラインリクルート法

あなたは集客に困っていませんか?

あなたは友人を勧誘するとき、人間関係が壊れはしないかと心配ではないですか?ネットワークビジネスの評判が悪い中で、「人からどう思われているか」気になりますよね!もし嫌われるのが怖くて友人を誘わなければ、声をかける人はいなくなってしまうのでは?

こうした集客の問題に悩むあなたに朗報です!友人を誘う必要はありません!人脈は無限で、相手の方から「詳しい話を聞かせて欲しい」と頼んでくるような、新しい集客方法が編み出されました。しかも、空いた時間に在宅で仕事ができるとしたら、あなたは興味ありますか?

友達を誘わなくても、ダウンが自動で増えていくオンラインリクルート法