【問題と対策】勧誘:イロアスに立ち塞がる最大の壁

友達から嫌われるのが怖くて、なかなか声をかけられない主婦の方へ!

この記事では、イロアスの会員が最初に直面する勧誘の問題と対処法を扱います。

最初に、イロアスのようなネットワークビジネスにおける勧誘の位置づけを行ったうえで、勧誘する側と勧誘される側双方にとっての問題を整理します。そして、どのような違法行為がなぜ行われているかをまとめた後に、相手も納得して引き下がる上手な断り方を伝授します。最後に、勧誘する側と勧誘される側双方にとっての問題解決のためのアプローチを提案します。

【登録はこちら】無料講座:引き寄せオンラインリクルート法

口コミビジネスとしてのイロアス

イロアスのようなネットワークビジネスは、口コミによって商品を流通していくビジネスです。

すなわち、イロアスでは、あなたが友だちに商品を伝え、その友だちが商品を友だちに伝え、その友だちがまた友だちに伝えていきます。

こうして人と人との「輪=ネットワーク」をつくり上げ、それを拡大させながら、それぞれが直接購入して商品を広く流通させていくのです。

この時に決定的な役割を担うのが、イロアスの一人ひとりの会員によって行われる勧誘です。

イロアスの勧誘の特徴

イロアスのようなネットワークビジネスの勧誘には、以下のような共通したパターンがあります。

  •  知人の中から見込み客リストを作り連絡してくる。
  • カフェなどに呼び出し、将来不安じゃないと聞いてくる。そして、不安を解消できる方法があると言ってくる。
  • 成功者の存在をほのめかし、会わせたい人がいると言ってくる。
  • 勧誘目的だと告げない。
  • 金銭的なリスクには触れない。
  • 誰でも簡単に儲けられると言ってくる。

なにやら怪しげですね。

こうした勧誘は、勧誘される側だけでなく、勧誘する側にとっても大きなストレスを感じるものなのです。

勧誘する側にとっての問題

通常、イロアスを始めるにあたり、メンバーたちは次のことを行います。

  • 知っている人全員の名前をかき集めて、少なくとも100人をリストアップする。
  • リストアップした人に1人ひとり連絡して、商品を売るか、ビジネスのシステムを説明する。

多くの人は100人をリストアップするのも大変でしょう。だんだんと長い期間付き合いのなかった知り合いにも連絡をとり、目的を隠して、不自然なアポとりをせざるを得なくなってしまいます。

こうした勧誘では、勧誘する側の人たちの多くは、以下のような問題を抱えるようになります。

問題 説明
人からどう思われているかの心配 その背景には、多くの人がイロアスのようなネットワークビジネスへの偏見があり、ねずみ講と混同していることが挙げられます。
友達を失くすことへの不安 商品やビジネスの売り込みを嫌がる友達から、嫌われてしまうのではないか、と心配する人が多くいます。
断られることへの恐れ 商品に対する拒絶を個人的なものとして受け取ってしまい、ショックを受けるのです。
人脈が少ない 普通、100人をリストアップして、1人ひとり連絡してそのほとんどの人から断られるうちに人脈は尽きてしまいます。
トークが苦手 イロアスでは、会社の商品やビジネスチャンスを相手にうまく伝えることができるようなコミュニケーションスキルが必要とされます。この能力が不足している場合、集客は難しくなります。
時間がない 新規会員を獲得するために常に勧誘し続けなければならず、絶えず多忙で自由な時間を確保できない場合が多くなります。
経費がかかりすぎる 勧誘のためのお茶代やセミナーへの参加のための交通費等、活動のための経費が少なくありません。

このように、イロアスのようなネットワークビジネスの勧誘は、勧誘する側に多くのストレスがかかってきます。それだけでなく、勧誘者の違法行為によって、勧誘される側も被害をこうむる場合があり、最悪の場合は勧誘者を訴えることにもなりかねません。

違法な勧誘行為

友達を勧誘したら嫌われる?もうそんな心配はいりません!その方法はこちら!

勧誘の際に用いられる違法行為には以下のようなものがあります。

違法行為 説明
勧誘目的を告げないままアポを取る 「めったに会えない人がいる」や「〇〇さんに合わせたい人がいる」などはイロアスのようなネットワークビジネスの典型的な勧誘文句ですが、「氏名などの明示」という規定に反しており、違法です。
「誰でも簡単に稼げる」「絶対儲かる」と誇大表現を使う 実際にイロアスのようなネットワークビジネスで稼げているのは全体の一部です。また、絶対儲かるビジネスなどありえません。こうした表現は、誇大広告などの禁止規定に反しており違法です。
一度断られたのにまた勧誘する 断られているのに何度も勧誘するのも違法です。
家で勧誘する 勧誘員や勧誘員の知り合いの家など、公共の場所以外でイロアスに勧誘するのは違法です。あくまでファミレスやホテルのラウンジなど、他の人がいるところで契約をせねばなりません。
契約するまで帰らない、帰らせてくれない 勧誘が長時間にわたったり、なかなか帰らせてくれなかったりする場合も法律に触れます。断っているのに帰らせてくれないのは違法です。
クーリングオフの説明をしないまま勧誘した クーリングオフに関する説明をしないなど、重大なことを事前にあえて説明しない行為を事実の不告知といいます。
「これを飲むとガンが治る」「アトピーが治る」「疲れが取れる」等の表現を使う 栄養補給食品(サプリとか)の説明をする際には、「医薬品だと勘違いさせるような説明」をすると違法になります。

このように、イロアスのようなネットワークビジネス自体は合法ですが、勧誘方法に問題が多いため、色々な規定によって活動は厳しく制限されているのです。

違法行為の原因

では、なぜこうした違法な勧誘をする人たちがでてくるのでしょうか?原因は3つあります。

第一に、イロアスのようなネットワークビジネスの会員は、法律の知識に関する訓練をほとんど受けていません。他方、ブラック企業は別として、普通の企業に雇われている営業マンの場合、問題のある勧誘方法をすると企業が困るため、研修を受けることが義務付けられています。

第二に、イロアスのようなネットワークビジネスでは、人を勧誘しないと儲けられない仕組みになっています。会員は自分の傘下組織を大きくしないと、収入は増えません。このため、一人でも早く、多く勧誘しようと焦って、ついつい違法行為をしてしまうのです。

第三に、多くの人はイロアスのようなネットワークビジネスへの偏見があり、ねずみ講と混同しています。そのため、自分の所属先であるイロアス勧誘の目的、ビジネスの実態を明らかにすれば、相手から拒絶されるだろうという考えや思い込みを持ちやすく、それが違法行為と結びつくこともあるでしょう。

このように、違法行為の原因を理解すれば、違法行為を行う勧誘者だけを責められないことがわかります。違法行為はネットワークビジネス全体の問題として捉えるべきではないでしょうか。

人間関係を壊さない上手な断り方

勧誘を断りたければ、キッパリと「できません」と言えばよいのですが、勧誘者との人間関係を壊したくなければ断り方に工夫が必要になります。勧誘者の中には良い製品やビジネスをあなたに伝えたいと本気で思っている人もいるからです。

上手な勧誘の断り方に関する基本公式は以下の様になります。

【感謝】+【No】+【理由】+【気遣い】

NOという前に、「誘ってくれてありがとう。でも実は・・・」と感謝の言葉を添えます。またNOの理由を言った後にも「誘ってくれてありがとう」と気遣いの言葉をいえば、相手に与える印象が違います。

理由に関しては、人の誘いや依頼を断る理由としては大体次の4つが定番です。

①スケジュールの問題
②仕事や勉強の問題
③健康上の問題
④家族の問題

これらのいずれかの問題のために断らざるを得ませんというのが理由としては良いでしょう。特に、次のような理由は最も効果的です。

「実は親戚のおじさんがそれをやっていてね。やるならそっちでやらないとまずいんだ」

この理由だったら、勧誘者もあきらめざるを得ないですよね。

結論:勧誘とネットワークビジネスの悪い評判

これまで述べてきた勧誘の問題は、イロアスのようなネットワークビジネスの悪い評判に大きく関わっています。ネットワークビジネスの悪い評判の理由は、少なくとも2つあります。

一つ目は、ネットワークビジネス全般に対する多くの人たちの偏見があります。この偏見は、ネットワークビジネスに関するどんな客観的な事実を突き付けても無くなりそうにありません。「それって、ねずみ講でしょう?!」という言葉が必ずかえってくるだけです。

2つ目の理由は、ネットワークビジネスに携わっている一部の人たちの行動です。勧誘に際して身元や目的を明かさない、誰でも儲けることができるといった事実と異なる勧誘文句で誘う、ビジネスをやる時のリスクや経費といった不利なことを説明しない、などの勧誘方法がよく見られます。こうした違法な手段を使って新規会員を獲得しようとする人たちがいることが、ネットワークビジネスの評判の悪さを強めていることは間違いないでしょう。

では、こうした評判の悪いネットワークビジネスの中で、気持ちよくビジネスを展開するにはどうすればよいのでしょうか。

そのためには、今までの勧誘のやり方を根本的に変える必要があるようです。

インターネットの活用が、一つの解決策となるでしょう。

【登録はこちら】無料講座:引き寄せオンラインリクルート法

あなたは集客に困っていませんか?

あなたは友人を勧誘するとき、人間関係が壊れはしないかと心配ではないですか?ネットワークビジネスの評判が悪い中で、「人からどう思われているか」気になりますよね!もし嫌われるのが怖くて友人を誘わなければ、声をかける人はいなくなってしまうのでは?

こうした集客の問題に悩むあなたに朗報です!友人を誘う必要はありません!人脈は無限で、相手の方から「詳しい話を聞かせて欲しい」と頼んでくるような、新しい集客方法が編み出されました。しかも、空いた時間に在宅で仕事ができるとしたら、あなたは興味ありますか?

友達を勧誘したら嫌われる?もうそんな心配はいりません!その方法はこちら!